FPに合格するなら、ユーキャンがいい?市販の参考書がいい?

FPは独学が人気

PFは独学で勉強するのが人気だったりします。30%前後という高い合格率、通学しなくても合格可能というハードルの低さから、「独学でもいけるんじゃないか!?」と思う方が多いのでしょう。独学で勉強する場合は、本屋で市販の参考書を探して勉強することになります。

きんざいのテキストがよく選ばれている

最近の市販参考書はよくできています。また、いろいろな種類の市販参考書が販売されていますね。その中でもFP2級を独学で勉強する方たちに人気があるのが、

です。

FP2級技能士試験を運営する「一般社団法人 金融財政事情研究会(きんざい)」の系列出版社「きんざいファイナンシャル・プランナーズ・センター」が出しているテキストです。
運営側が制作する参考書ですから、出やすい問題、出やすいテーマに絞った勉強ができると言えるでしょう。

テキストといっても、それぞれの解説だけではなく問題集も、模試もついているという盛沢山の内容です。
上下巻で1冊2,160円×2で計4,310円。ユーキャンの通信講座は64,000円ですから、10分の1以下の費用で勉強できることになります。

いきなり読んでも意味が分からない

しかし、安さにつられて市販参考書で独学する道を選んでしまうと、挫折への道へと行き着くリスクが大変高くなってしまいます! 
「最短合格 2級FP技能士 上巻・下巻<'13~'14年版>」を読んでみてみると分かりますが、非常に難しい内容です。FP3級をすでに持っていて、それから2級を目指すために「最短合格 2級FP技能士 上巻・下巻<'13~'14年版>」を買って読むなら、予備知識があるのでそれなりに頭に入るかもしれません。

しかし、いきなり2級を受けるときにこれを買ってしまうと、まず意味が分かりません。そして高い確率で挫折します。ウソだと思ったら、書店に行って本を開いてみてください。僕の言うことが大げさでないことがわかるはずです。

初心者むけのテキストならユーキャン

というわけで、市販参考書かユーキャンかで迷うなら、ユーキャンが絶対おすすめです。
ユーキャンのテキストなら、初心者向けに分かりやすくつくられているので、2級から初めてチャレンジする方でも、問題なく勉強を進めていけるはずです。

FPに合格するなら、ユーキャンがいい?市販の参考書がいい?
トップへ戻る