学習量の目安

学習量300時間を6ヶ月見当で消化しましょう。

一般的にファイナンシャルプランナー(FP2級)試験に合格するには、『300時間』の勉強が必要だって言われています。
初めて資格試験にチャレンジする方ですと、300時間といわれても、難易度との関連がすぐにはピンとこないかもしれません。だからほかの資格の標準学習時間と比べてみますね。

  • 公認会計士 1,000時間
  • 社会保険労務士 800時間
  • 行政書士 700時間
  • 宅建 350時間
  • 日商簿記3級 100時間

社労士なんかは最低800時間だといわれています。毎日2時間1日も休まず勉強しても、それでもまだ1年では足りません。

対してFP2級の300時間は、1日2時間の学習で、ほぼ5ヶ月。みなさんはそれを妥当と感じますか?大変と感じますか?

ともあれ「FP2級の試験対策は6ヶ月で計画する」というのが管理人の実感です。

やはりどうしても300時間程度の学習量は必要ですし、社会人の方ですと、捻出できる学習時間は1日2時間迄がムリのない範囲のように思えます。
勉強を休む日、またゆとりのための予備日のことなど考えますと、6ヶ月確保が安全なのです。

こうした観点からも、管理人は通信講座の利用をむしろお薦めしています。

社会人には通信講座がおすすめ

通信講座なら、教材も講義のレベルも通学とそんなに変わりはないですし、それでいて学習カリキュラムは自分で自由に組み立てが可能だからです。
たとえば学習時間を、「平日3時間、土曜4時間、日曜は休み」と決めてしまえば、300時間の学習量は4ヶ月でも消化できます。まぁ、このプランはいささか強行な感じはしますが。

FP2級の標準学習時間300時間を適切に内容濃く消化するポイントは、

  • なるべく余裕を持たせた学習期間を確保する」
  • 1日の勉強時間を決め、きちんと守り通す」
  • 1週間後・1ヶ月後などあまり先のことは決めないこと

この3つです。
FP2級試験は学科試験だけでも6科目あります。

そして現実的な学習計画(攻略法)が立てられるようになるのは、テキスト読みが1~2順した後(あるいは講義DVDを一通り見た後)からだと思います。
だから日々軌道修正を施しながら、柔軟なプランで前進するのが精神衛生上もよろしいと思います。

ともあれ300時間は絶対死守するよう頑張ってください!

学習量の目安
トップへ戻る