FP資格の活用度

取得しやすく活用度の高い、FP2級資格

ファイナンシャル・プランナー(FP)は、主に個人のお客様の経済面での人生の目標を達成するために、長期的・総合的な視点で、ファイナンスのアドバイスやプランニングをサポートする専門家です。
ファイナンシャル・プランナー(FP)国家資格には1級から3級まであります。

そして資格を仕事に活かし、FPとして活躍しているのは、現実的にはFP2級以上の取得者です。

彼らの活躍のフィールドは、生命保険会社、損害保険会社、銀行、証券などの金融機関ほか多様です。また独立系FPとして活躍する開業者も少なくありません。

FP2級以上の仕事内容

そしてFP2級以上のプランナーが手がける、具体的な仕事の内容は次のようなものです。

  • ライフプランニングの考え方・手法
  • 社会保険、公的年金、生命保険、損害保険、第三分野の保険のアドバイス
  • 金融資産運用(預貯金、投資信託、株式投資、外貨建商品)
  • タックスプランニング(所得内容、損益通算、所得控除、税額控除、申告と納付)
  • 不動産運用(不動産の見方、取引、税金、不動産の有効活用、不動産の証券化)
  • 相続・贈与相談(法律、税金、相続財産の評価)

ファイナンシャル・プランナー(FP)は国家資格者です。
とはいえ、上記の業務はいずれも、本人の営業努力があって、初めて形成することができます。

しかしまた営業力がキーポイントとなる資格ですから、フィールド(顧客)と接する点においては、FP1級もFP2級も、まったく互角に勝負できるのが、FPという資格の面白いところです。 (※生保会社等の上位職、たとえば商品企画やディーリング等のポジションでは、FP1級取得者が圧倒的に優位ではあります)

勉強するだけでも役立ちます

またFP2級レベルの知識は、市販のマネー雑誌が教えるレベルの情報の上をいきます。
仕事に活かされる方はもちろんですが、一個人として社会保険や公的年金、金融資産運用を検討したり、税金への対策立てをお考えの方には、大変役立ちます。

そしてファイナンシャル・プランナー2級(FP2級)の資格取得は、簡単とはいわないまでも、決して難易度の高いものではありません。
以下FP2級試験の実際について、具体的に解説していきます。ぜひ読み続けください。

FP資格の活用度
トップへ戻る