目指すは「2級FP技能士検定」。 ダブルライセンスも。

2級に合格してAFPのダブルライセンスを狙う

ファイナンシャルプランナー(FP)の試験ですが、正式には「ファイナンシャル・プランニング技能士検定」。
検定ですから受検ではなく“受験”ということになります。行政書士や社会保険労務士などと違い、試験は年3回行われます。

前に述べたように、合格に必要な勉強時間を確保しなければなりませんから、いつ受検するかはしっかり考えてください。
また、ファイナンシャルプランナーの認定機関が複数あるのも特徴のひとつ。

すでにわかっているでしょうが、日本FP協会(=特定非営利活動法人 日本FP協会)と、きんざい(=社団法人 金融財政事情研究会です。

それぞれで認定していますが、呼び名や区分に若干違いがあるので注意しましょう。
職場で資格取得が義務づけられている場合、「きんざい」の3級FP技能検定の受検を勧められることがあるようです。

ただ、将来的なことを考えれば、2級を目指すべき。
2級に合格し、所定の研修を受けることによって「日本FP協会」のAFP※1が取得できるのでダブルライセンスになるからです。断然、業務の幅が広がりますよ。

私はフォーサイトの通信講座『2級FP技能士』を選びました。多少ハードルが高くなっても、勉強するのは同じ。モチベーションがグッとアップした分、頑張り甲斐がありました。
しかも、フォーサイトは日本FP協会の認定校ですから、受講後に提案書を提出すれば必要な研修を受けたことになります。

2級ファイナンシャル・プランニング技能士試験(抜粋)

きんざい

  • 「学科試験」「実技試験」
  • 個人資産相談業務
  • 中小企業主資産相談業務
  • 生保顧客資産相談業務

日本FP協会

  • 「学科試験」「実技試験」
  • 資産設計提案業務

受検資格:実務経験2年以上。3級合格者(金融渉外技能審査3級合格者含む)。
日本FP協会が認定するAFP※1認定研修修了者。

※1:アフィリエイテッド ファイナンシャル プランナーの略。日本FP協会の登録商標で、普通FP資格のこと。
「CFP」はサーティファイド ファイナンシャル プランナーの略。米国CFP BOARDの登録商標で、FP資格としては最上位であり国際資格として位置づけられる。

目指すは「2級FP技能士検定」。 ダブルライセンスも。
トップへ戻る