役立つファイナンシャルプランナー(FP)資格はコレ!

世間に通用する資格は?

ファイナンシャルプランナー(FP)とひとくちに言っても、種類があります。
わたしが持っているのは、2級ファイナンシャルプランニング技能士(2級FP技能士)とAFPです。

ファイナンシャルプランナー(FP)の資格には、国家資格であるファイナンシャルプランニング技能士と、民間資格であるAFP、CFPがあります。
ファイナンシャルプランニング技能士は3級、2級、1級があります。3級は入門的な位置づけのため、取得は容易ですが武器にはなりません。1級は実務家のレベルなので今はおいておきます。

一般的に、2級ファイナンシャルプランニング技能士(2級FP技能士)とAFP以上がビジネスで通用する資格だと考えられています。
金融関係や住宅関係の会社に勤めている人は、このレベルが求められます。ですから、こんれから受検をしようと思う皆さんは、この二つを目指すことをおすすめします。

1度に2つの資格を取得できる

2つの試験というと難しい感じがしますが、実はひとつの試験で両方取得することができます。
ダブルライセンスを持っている人のほとんどはこの方法です。日本FP協会がレールを敷いているので、それに乗っかって勉強すればよいのです。

「AFP認定研修」を受講して(条件をクリアして)、その上で学科と実技の試験に合格すれば、一度の試験で2級ファイナンシャルプランニング技能士(2級FP技能士)とAFPのダブルライセンスを取得できます。

厳密に言えば、2級ファイナンシャルプランニング技能士(2級FP技能士)は試験に合格するだけでよいのですが、AFPはこの「AFP認定研修」を受講しないと試験の受検資格がないのです。
つまり、「AFP認定研修」を受けないとAFPは絶対に取得できません。

受検資格の話でさらに細くしておくと、AFPがないとCFPの受検資格もありません。CFPはAFPの上位資格と捉えてもらえばよいのですが、ステップアップとして今後受検する日が来るかもしれません。
AFPをもっていれば、今度は簡単に1級ファイナンシャルプランニング技能士(1級FP技能士)とCFPが取れます(受検資格があるということ)。

おそらく、2級ファイナンシャルプランニング技能士(2級FP技能士)だけでも世間で通用します。AFPとダブルライセンスだからといってそんなにレベルに差がないからです。
そもそも、両方ともひとつの試験で取得できるのですから。

でも、ダブルでもっているほうが信用力は高いといえます。一般の人はファイナンシャルプランナー(FP)について多くを知らないので、肩書きで安心するのです。

役立つファイナンシャルプランナー(FP)資格はコレ!
トップへ戻る