FP2級の試験科目

FP2級の試験科目

さてここからはFP2級の試験対策のアドバイスです。
その1として、まずは試験内容の解説です。
ファイナンシャルプランナー(FP)試験は、どんな試験形式なのか、どんな科目が出題されるのか、まずは試験の全体像を押さえておきましょう。

<試験内容>
◎2級FP技能検定は、年3回(1月・5月・9月)開催されます。
◎科目は「学科試験」と「実技試験」の2つがあります。

【学科試験】
出題形式⇒筆記(マークシート形式) 60問 択一式
(各問題の解答を4つの中から1つ選ぶ)
試験時間⇒120分
合格基準⇒36点以上(60点満点)

◎科目と出題数

  • ライフプランニングと資金計画 (10問)
  • リスク管理(10問)
  • 金融資産運用設計(10問)
  • タックスプランニング(10問)
  • 不動産(10問)
  • 相続・事業継承(10問)

<学科試験 ワンポイントアドバイス>
学科試験は6科目から均等に10問づつ出題されます。このことが2級FP試験を攻略するひとつのポイントになります。
正攻法で考え、得意科目を2~3作ってしまうことです。
たとえば得意3科目で各8点を死守すると想定しますと、それで得点は24点になります。
36点(合格点)-24点=12点。残り3科目は正解率が半分でもラクラク合格できる計算になります。

【実技試験】
出題形式⇒筆記(記述式)40問
※提案設計。事例や計算式(実務に近いもの)が多い
試験時間⇒90分
合格基準⇒60点以上(100点満点)
◎科目と出題数
資産設計提案業務

  1. 関連業法との関係及び職業上の倫理を踏まえたファイナンシャル・プランニング
  2. ファイナンシャル・プランニングのプロセス
  3. 顧客のファイナンス状況の分析と評価
  4. プランの検討・作成と提示

<実技試験 ワンポイントアドバイス>
実技試験については、試験主催団体の日本FP協会が、配点を公表していません。
そのため学科試験のような効率重視のアドバイスはできません。

ひとつ確かに言えるのは、実技試験はFP知識について「受験者の多面的な理解を問う」試験であるとことです。
たとえば設問のなかには、
路線価図(路線沿線の土地の実勢価格)をもとに相続税評価額を割り出す、
仮定されたある家族についてキャッシュフローを計算する、などがあります。

このような設問は決して、暗記ベースの知識では解けるものではありません。
一問一答スタイルとは異なり応用力と、まさに“実技”の力が問われるのです。
とはいえ、応用力を養成するためにAFP認定研修が用意されている、ともいえます。

特に攻略法の王道があるわけではないので、「根気づよく真面目に勉強しましょう」としか管理人にも言いようがありません。やはり“根気”が王道だと思います。

FP2級検定は講義DVDで最速習得!→http://www.foresight.jp/fp/