FP2級とAFP

「FP」といえば「AFP」

ファイナンシャル・プランナー(FP)の資格を仕事で活用するためには、最低2級(FP2級)以上が必要です。
そのため受験者層が圧倒的に集中している級も、この2級です。

日本FP協会の2009年度の合格者数を紹介します。
この年FP1級の合格者は617名でした。対してFP2級の合格者は18,140名、なんと1級の30倍近い方々が合格者として輩出されています。

これにはもちろん試験の難易度や、試験の実施回数(FP1級は年1回、FP2級は年3回)の理由もあってのことですが、それにしても圧倒的な人数の差があります。

このことを言い換えるなら
「社会でファイナンシャル・プランナー(FP)の資格を活かし活躍している人の大多数はFP2級のフォルダーである」ということです。

日本FP協会で、国家資格の2級FP技能士(FP2級)を取得する人は、同時に、大多数の人が「AFP」の取得者です。
なぜなら2級FP技能士の受験資格のひとつに、AFP認定研修の修了が組み込まれているからです。

ここでは簡単に、「日本FP協会でFP2級に合格すると、同時にAFP認定資格も取得できる」と覚えておきましょう。

●AFPを解説!

AFP(Affiliated Financial Planner)は、顧客のニーズに最大限に応え、適切なアドバイスやサポートのできるファイナンシャル・プランナーに与えられる認定資格です。

今日の金融業界(保険・証券・銀行)では、「FP」といえば「AFP」を指すのが通例です。理由はシンプルで、FPとして活躍している大半の方がFP2級の取得者で、FP2級を取得すると「セットで」といってかまわないほどAFPのホルダーになれるからです。

みなさんも「ファイナンシャル・プランナー AFP」と名刺に肩書きを入れた金融マンに合われたことはないでしょうか。
もちろんスキルを備えていることが前提ではありますが、「AFP」には、ネームとしてのバリューもあります。

AFPはFP2級と同時に取得でき、活用度も高いです。
そのこともFP2級の資格の活用度を高めているといえるでしょう。

FP2級検定は講義DVDで最速習得!→http://www.foresight.jp/fp/