学習法によっては、「いきなり2級」も可能

各級の難易度の違い

さて、これからFP試験に挑戦される皆さんにとっては「何級からスタートするか」は結構気になるポイントだと思います。

おそらく、3級から順を追って取得していくのが良いのだろう
でも、仕事に役立てるためには一日も早く2級を取得してしまいたい

受験生の本音としては、「“いきなり2級”が可能ならそれに越したことはない!」といったところだろうと思います。

 FP試験2級と3級の難易度の違いというのは、さほど大きなものではありません。いずれの級についても試験範囲がそのまま重複していますから、基本的には「3級の知識を若干掘り下げたレベル」が2級に相当すると考えて良いと思います。つまり、3級試験を上位の成績で合格できる実力があれば、2級にも無理なく通るということ。対策に自信があれば、「3級→2級」と時間をかけずに2級から挑戦するのもひとつの手ですし、実際にそのようにして短期合格を勝ち取っている合格者はたくさんいるのです。
よって、これからFP試験を受験される方で、「ゆくゆくはFPとしてステップアップしていきたい」というのであれば、2級から受験をスタートし、効率良くコマを進めていくのが得策であると言えましょう。

 しかしながら、いきなりFP2級試験からスタートするためには、そのための受験資格を満たしていることが必須となるので、注意が必要です。
例えば、きんざいのFP2級受験資格としては、下記の通り挙げられています。

・3級技能検定の合格者
・FP業務に関し2年以上の実務経験を有する者
・日本FP協会が認定するAFP認定研修を修了した者
・厚生労働省認定金融渉外技能審査3級の合格者

つまり、「実務経験」か「資格合格」、もしくは「研修修了」が要件となっているのです。現状、どの要件も満たしていない方であれば、基本的には「3級から地道にやらないとだめ」ということになります。

 ですが、もしもこれからFP試験対策として通信教育の受講を検討されているのであれば、まだ2級受験スタートの道はあります。
これは具体的には、上記3つ目の「日本FP協会が認定するAFP認定研修を修了した者」の条件のクリアを目指す方法で、指定の通信教育でFP2級試験対策をするだけで、自動的に2級受験資格が得られることになります。
フィーサイトやユーキャン、TAC等、通信教育の有名どころであれば、まず日本FP協会認定講座が開講されていますから、さっそくチェックしてみて下さい。
通常のFP試験対策と比較すると、提案書の作成がある等の難しさはありますが、FP2級試験対策としてはこの過程も役に立ちますから、ステップとして経ておくことはムダにはならないでしょう。

FP2級検定は講義DVDで最速習得!→http://www.foresight.jp/fp/